リクルート 法人のお客様へ

ホーム > 法人のお客様へ

法人のお客様へ

経営者・人事ご担当者様へ

産業・経済のグローバル化、競争の激化、IT化、
成果主義の導入など近年の急激な労働環境の変革は、
経済効率を飛躍的に向上させた一方で、
労働者にストレスの増加をもたらしました。

厚生労働省の調査によれば、約6割の労働者が、
仕事や職業生活に強い不安や悩み、ストレスを感じている状況にあり (「労働者健康状況調査」)、
またうつ病を中心とした気分障害の患者数は、
1999年の44万人から2011年には95.8万人へと急増しています (「患者調査」)。

このような社会情勢を背景として、精神疾患に関わる労災請求件数、
認定件数はともに増加しており、労災リスクや安全配慮義務の観点からも、
今やメンタルヘルス対策は、企業の重要な経営課題となっています。

2006年4月厚生労働省は「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を示し、
企業に対してより積極的な"労働者の心の健康の保持増進"を求めました。
しかしながら、"メンタルヘルス対策を講じたいが方法がわからない" など、
多くの企業で対策に苦慮している状況があるのではないでしょうか。

まずは、貴社では「なんのためにメンタルヘルス対策をやるのか?」
改めて考えてみてください。 そして、その理想に到達できると信じられるサービスをご導入ください。
SOMPOリスケアマネジメントは、お客様の理想に、お客様と一緒になって向かっていくことをお約束いたします。

なんのためにメンタルヘルス対策をやるのか?

企業のメンタルヘルス対策におけるゴールは、「病気の治療」ではありません。
従業員ひとりひとりが生産性を上げ、仕事を通じて自らの力を充分に発揮することがゴールです。

上記のゴールを目指すケースマネジメントには、不調者本人の自助努力と覚悟が必要ですし、
組織的なケア体制や職場の環境調整も必要です。
人事部門・上司・産業医・産業保健スタッフ・主治医等のステークホルダーが有機的に繋がる必要があり、
それを実現するのが、当社の看板サービスである「LLax Standard」なのです。

「LLax Standard」サービスを提供するには、
「心理支援のスキル」、「ステークホルダーマネジメント」、「コンプライアンスについての知識」が必須です。
長く産業保健に携わった経験がないと難しい分野です。
それができるのが「LLax Standard」を中心的に担うOMCMOなのです。

OMCMOと一緒に活動していく中で、貴社の人事部門にも不調者対応の実績やノウハウが蓄積されます。

顕在課題(不調者対応)を中核にしつつ、予防的な取組みを推進し、ヘルシーカンパニー実現に貢献する、
それが当社独自の「LLax Standard」および「LLaxシリーズ」なのです。

メンタルヘルスに起因する企業リスク

メンタルヘルスに起因する企業リスク
「現状および問題点から探る、貴社にぴったりのサービスメニュー」はこちら
サクセスネット会員様のお問合せはこちら

PageTop