リクルート 採用情報

ホーム > 法人のお客様へ > 現状および問題点から探る、貴社にぴったりのサービスメニュー

現状および問題点から探る、貴社にぴったりのサービスメニュー

1.メンタル不調者対応の問題

  • 不調者の発生率が高い
  • 不調者の数はそれほどでもないが、対応が難しいケースがある
  • 人事・総務等の担当者が不調者に対応しているが、専門家ではないのでリスクを感じている
  • 人事・総務等の担当者の物理的・精神的負荷が高い
  • 産業医が精神科領域に対応できない
  • 地方拠点には産業医も人事・総務担当者もいない
  • 休職者の復職がうまくいかず、戻してもまたすぐに休職してしまう
  • 主治医とどう連携してよいかわからない、連携がうまくいかない
  • 主治医の診断書に振り回されてしまう
  • 主治医を選択するうえでの情報が不足している
  • 人事・総務、産業医、上司、主治医等、関係者の連携がうまくできていない

上記に付随して…

  • 対策を講じた場合の効果を可視化したい
  • サービスの成果に基づいてコストを適正化したい
LLAX standard & come-back support へ 成果保証型LLAX standard へ

2.潜在化している不調者予備軍や生産性・職場環境の問題

  • 不調者として顕在化はしていないが、ストレスを抱えている社員が多いと感じる
  • 高ストレス社員に対してフォローができていない
  • 人事・総務に報告があがってくるときには、不調が重症化している
  • 不調が重症化する前に、早期にケアを始めたい
  • 社内の状況(従業員のメンタルヘルス状態、部署ごとの状況)が把握できていない
  • 不調者を出さないような職場環境をつくっていきたい
  • ストレス状況だけではなく、部署ごとの生産性の状況を合わせてみたい
  • 生産性が低い部署のストレス要因・ストレス状況を知りたい
  • 体調不良により失われた人件費を損失コストとして把握したい
  • 厚生労働省指針にそって必要なことを一通り、低予算から始めたい
LLAX seed へ LLAX WLQ-J へ

3.メンタルヘルスに関する相談先の問題

  • 家族、性格、生育歴の問題など、会社の人間では踏み込みにくい問題で悩んでいる社員がいる
  • 全国で利用できる相談窓口がほしい
  • 社員の家族も利用できる相談窓口がほしい
  • 社員から、プライバシーが完全に守られた、会社に知られずに気軽に相談できる窓口がほしいとの要望がある
  • セーフティネットのように、社員がいざとなれば相談できるという窓口を社外に常設しておきたい
  • カウンセリングサービスや相談窓口は導入しているが、誰がいつ利用しているか会社側にはわからないので、中には本当は会社で対応すべき人がいるのではないかと心配である
LLAX Counseling へ

4.サービス利用率や運用の問題

  • カウンセリングサービスや相談窓口は導入しているが、あまり利用されていない
  • 社員が全国の多数拠点でバラバラに働いていて、就業環境も違い、サービスの導入がしにくい
  • 空いた時間に手軽にできるような、簡易なストレスチェックを利用したい
  • あまりコストや手間をかけたくない
LLAX Ceck&Counseling へ

5.社員の知識・意識の問題

  • メンタルヘルスに関する正しい知識を社員が持っていない
  • この問題に対する先入観や偏見がある
  • メンタルヘルスに対して、社員の意識が低い
  • 管理監督者が、安全配慮義務や不調の部下への対応についてよくわかっていない
  • 不調になっても、社員が自発的に相談をしたがらない
  • 社員には自分の健康を自分で守れるようにしてほしい
  • 研修を実施したいが、うちの業種・職種に合った事例で話をしてほしい
  • 実務経験豊富、かつ理論にすぐれた講師に研修を依頼したい
LLAX Training へ

6.相談体制の問題

  • 24時間・365日体制で、保健師や看護師に健康・介護・生活に関する不安や心配に応えてほしい
24時間電話健康相談サービス へ

PageTop