よくあるご質問


CONTACT
  • メンタルヘルス研修・EAPの見積依頼
  • メンタルヘルス研修・EAPの質問・問合せ
  • その他のお問合せはこちら

 and A よくあるご質問

ホーム > よくあるご質問

1,「LLaxシリーズ」は、セットでないと導入できないのでしょうか?

いいえ。「LLaxシリーズ」は、すべてサービス単体でのご導入が可能です。

2,ストレスチェックは、SOMPOリスケアマネジメントが独自開発したものですか?

いいえ。厚生労働省の研究班が開発した、「職業性ストレス簡易調査票」を利用しています。
信頼性・妥当性が証明されている調査票ですので、企業が導入するものとしては最適と考えています。

3,他社のストレスチェックは、もっと質問数が多いですが、57問で大丈夫ですか?

はい。ストレスチェックや組織診断は、会社が知るべき範囲、対応できる範囲に質問を限定すべきと考えます。そういう意味で、「職業性ストレス簡易調査票」は、必要十分な質問数となっています。

4,ストレスチェックの個人結果を会社が見ることができないとすると、その後、ハイリスク者の早期発見・早期対応の観点から、どのように対応すれば良いのでしょう?

当社のOMCがサポートをいたします。OMCが産業保健スタッフとしてハイリスク者フォロー面談を実施することができますので、方法についてはコンサルタントにご相談ください。

5,組織診断結果を踏まえて、人事部門はどのようなアクション例がありますか?

まずは、実際の職場ではどのようなことが起きているか、ヒアリング等で確認することが重要です。その後、部署ごとの課題に応じて、職場環境改善のグループワークや、上司や同僚の支援を向上させるためのコミュニケーション研修が有効な策として挙げられます。上司が自分の部署の状況を把握し、マネジメントのあり方を考えるといった、ラインケアに繋げるという方法もあります。

6,OMCは、訪問時にどのような業務をしてくれるのでしょうか?

基本的には「ケースマネジメント」に必要な業務を行います。具体的には不調者の面談をはじめ、上司からの相談対応、人事部門からの相談対応、貴社産業医との打ち合わせ等になります。ケースマネジメントが落ち着けば、研修を実施することもあります。契約時間をどのように使うかは、貴社の現状に合わせて、コンサルタントとOMCが提案いたします。

7,全国のカウンセラーは、どのような方々なのでしょうか?

当社と提携している臨床心理士や産業カウンセラーといった心理専門職となります。

8,社外のカウンセラーとOMCは、何が違うのでしょうか?

カウンセラーは個人によりそって、プライベートや性格的な事柄まで踏み込んで心理的なサポートをする役割が中心ですが、OMCはご本人の「職場での就業継続」ということを目的に、アセスメント(状態判断)面談を中心に担います。また、OMCはステークホルダーマネジメントも含め、産業保健体制構築支援全般を行います。

PageTop