SAFE REASON 安心の理由

ホーム > 安心の理由 > エキスパート・チーム

エキスパート・チーム

コンサルタント

河野 裕子(こうの ゆうこ)

エグゼクティブアドバイザー
医学博士、シニア産業カウンセラー、キャリア・コンサルタント

  • 東海大学大学院医学研究科医科学専攻修士課程修了
  • 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科心療緩和医療学博士課程修了
  • 現在、民間企業や社団法人等の企業内カウンセラーとして従事。また、人事院をはじめとする政府系機関のメンタルヘルスや人事教育のセミナー講師を務める。
  • 専門分野:産業精神保健、産業カウンセリング、キャリアカウンセリング
  • 著書:メンタルヘルス、産業保健に関する著書多数
井田 浩正(いだ ひろまさ)

ヘルスケア研究所長
医学博士、労働衛生コンサルタント、MBA、薬剤師、大阪商工会議所メンタルヘルス・マネジメント検定(I種マスターコース)合格

  • 国際関係学修士(オハイオ大)、経営管理学修士(ボストン大)、名古屋大学大学院医学系研究科博士課程修了
  • 名古屋大学大学院(医学系)客員研究者、横浜市立大学大学院(医学系)非常勤講師
  • 外資系製薬会社にてマーケティング、新薬開発に従事。主に精神科領域で統合失調症、うつ病の新薬開発を担当し、その後、外資系大手コンサルティング会社で組織変革・プロセス設計のコンサルティング、大手IT企業でメンタルヘルス領域の新規事業化プロジェクトを統括。名古屋大学にて職域におけるストレスとパフォーマンスの関係性・組織環境改善について研究中。講演、研修、執筆活動も精力的に行っている。
堀子 孝夫(ほりこ たかお)

エグゼクティブコンサルタント
産業カウンセラー、キャリア・コンサルタント

  • オフィス家具・文具メーカーにて、人事異動・採用・教育・人事制度企画運営全般を担当。 本社人事部門長を歴任してグループ企業全体の人事政策の立案と実施に携わる。
  • その後、人材コンサルティング会社に入社、再就職支援のコンサルティング、キャリア開発支援業務、研修講師やファシリテーターを務め、メンタル不調者の方々のサポートに従事。
  • 専門分野:メンタルヘルスとキャリア開発
西田 龍彦(にしだ たつひこ)

大阪商工会議所メンタルヘルス・マネジメント検定(I種マスターコース)合格、DCプランナー

  • 大手生命保険会社の人事部に5年間勤務。採用・能力開発、給与・福利厚生、労務管理、人事制度構築等の人事関連業務に従事。人事制度構築では、賃金制度改革や確定拠出年金移行に伴う制度設計を担当するかたわら、労働組合との交渉も豊富な経験を有する。採用分野では累計で1,000名を超える面接を経験し、ストレス耐性を重点に置いた選考を実施し、ストレス耐性と入社後の業務関係につき、豊富な考察をもつ。
  • また、メンタルヘルスに関する労務管理において、休職・職場復帰における各種社会保険手続き、就業規則の改定等にも従事し、豊富な人事労務分野での実務経験を有する。
桜又 彩子(さくらまた あやこ)

特定社会保険労務士、シニア産業カウンセラー、メンタルヘルス法務主任者、第一種衛生管理者、大阪商工会議所メンタルヘルス・マネジメント検定(I種マスターコース)合格

  • 大手ソフトウェア開発会社人事部に7年間の勤務を経て現職。
  • 採用、人材教育、人事制度(賃金、評価、資格等級)改革、人材配置等、人事に関する一貫した業務に従事。
  • 社内カウンセラーとして、メンタル不調者面談、休職者面談、退職希望者面談、セクハラ相談に従事
  • 編書:「これだけ覚える! メンタルヘルス・マネジメント(R)検定II種(ラインケアコース)」(オーム社 2015)
辻 有子(つじ ゆうこ)

産業カウンセラー、EBアドバイザー、大阪商工会議所メンタルヘルス・マネジメント検定(I種マスターコース)合格

  • 心理学修士(心理学研究科現代社会心理専攻修士課程修了)
  • 福利厚生アウトソーシング会社勤務を経て現職。
  • 前職では、会員約7000社に向けヘルスケア施策を企画・運営。ストレス耐性やコーピングスキル向上プログラム、メンタル・フィジカルを網羅したサポート体制の構築を通じて顧客企業の課題解決、従業員満足度の向上に貢献。
  • 現在、企業における産業保健を中心としたメンタルヘルス体制構築支援を通じ組織の課題解決、発展を目指し、従業員と経営者の視点からコンサルティングを行う。
恩田 拡行(おんだ ひろゆき)

精神保健福祉士、産業カウンセラー、大阪商工会議所メンタルヘルス・マネジメント検定(I種マスターコース)合格

  • 「精神障がい者の就労支援」をテーマに、精神疾患と就労能力に関する研究を行う。その後、採用コンサルタントとして、採用戦略の立案・アウトソーシングや、選考ツールの開発、ストレスコーピングを主眼とした研修企画など、ヒューマンリソースに関わる多方面の実績を有する。
  • それらの経験からメンタルヘルスは企業経営上大きな意味を持つことを確信し、現職において積極的介入の必要性を念頭に「ヘルシーカンパニー」の裾野を広げるべく提案活動に従事している。

OMC医療専門スタッフ

中川 和美(なかがわ かずみ)

チーフメディカルオフィサー
医学博士、精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント

  • 杏林大学大学院医学研究科修了
  • 現在、東京工科大学医療保健学部作業療法学科教授、杏林大学医学部精神神経科非常勤講師
  • 様々な業種の企業においてメンタルヘルスケア体制の構築、人事および
    産業保健職を含めた教育啓発、組織問題のコンサルテーションや個別面談による社員支援などに従事
平  陽一(たいら よういち)

メディカルオフィサー
医学博士、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント、臨床心理士、日本精神神経学会精神科専門医

  • 慶應義塾大学法学部法律学科退
  • 日本大学医学部医学科卒
  • 現在、ERI産業精神保健研究室 / ERI労働衛生コンサルタント事務所代表
  • 東邦大学佐倉病院精神医学研究室客員講師、青山学院大学大学院心理学研究科講師
  • 日本臨床心理士会理事
  • 東京都立墨東病院神経科、東邦大学大森病院心療内科、メンタルクリニックにて、地域精神保健やリエゾンコンサルテーションに取り組んだ後、産業精神保健や産業組織心理学の領域に活動の幅を広げ、JR東日本健康推進センター医長、ソフトバンクグループ産業医、東京経営者協会経営労務相談員等を歴任しつつ、その他複数企業の安全衛生やメンタルヘルスケア体制づくりに取り組んでいる。
  • 著書:「職場のメンタルヘルスケア」(分担)南山堂1997、
    「最新病院の検査結果早わかり事典」(分担)新星出版社2000 他
石塚 卓也(いしづか たくや)

メディカルオフィサー
医学博士、精神保健指定医、日本総合病院精神医学会専門医、日本老年精神医学会専門医、日本精神神経学会専門医

  • 順天堂大学医学部卒業
  • 現在、順天堂大学医学部精神医学教室 非常勤講師、医療法人社団碧水会 長谷川病院 副院長
  • 精神科臨床、研究、教育に従事しており、また産業医として職場のメンタルヘルス体制作りに取り組んでいる。
坂本 智子(さかもと ともこ)

メディカルオフィサー
日本神経学会神経内科専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本内科学会認定医、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント

  • 北里大学医学部医学科卒業
  • 現在、アビー労働衛生コンサルタント事務所所長、国内某企業統括産業医
  • 神経内科の臨床医としての経験の後、複数の国内一部上場企業の統括部門や本社等の専属産業医として、産業衛生体制の構築(統括管理)、従業員教育、過重労働対策、健康相談等の幅広い業務に従事。メンタルヘルス分野においても、復職支援制度の構築・制度設計等の管理業務を始め、一次予防面からの従業員教育、現場でのケース対応等の豊富な事例経験をもつ。
茅嶋 康太郎(かやしま こうたろう)

メディカルオフィサー
日本神経学会神経内科専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本内科学会認定医、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント

  • 産業医科大学医学部医学科卒業
  • 現在、株式会社ボーディ・ヘルスケアサポート代表、労働衛生コンサルタントとして複数企業の産業医として活動中
  • 専門分野「中小企業における産業保健」「過重労働対策」「メンタルヘルス」「産業医実務全般」
  • 産業医科大学大学院医学研究科生体適応系専攻博士課程にて研究の後、鹿児島労働衛生センター副所長として、労働衛生と産業医を担当。その後、産業医科大学産業医実務研修センターで産業医育成の研修と指導等に従事。その後、労働安全衛生総合研究所過労死等調査研究センターセンター長として、過労死等防止対策推進法の施行による調査研究に携わり現在に至る。
内田 伊久代(うちだ いくよ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 看護師、心理相談員、第一種衛生管理者
  • 外資系IT企業人事部に勤務。産業看護師として社員の健康づくりプログラムを企画立案実施。行動変容を目的とした生活習慣病の予防・改善指導を実施。また社内メンタルヘルス体制の構築全般に携わる。
  • 主として、メンタル不調者の面談対応、休業者の復職支援、メンタルヘルス研修の企画など幅広い実務に従事。
横森  聖(よこもり ひじり)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 精神保健福祉士
  • 大手国内企業勤務を経て、精神科病院及び地域活動支援センターに計6年勤務。精神保健福祉士として、不調者・家族等に対する相談支援業務、就労支援業務、市のこころの相談員としてなどメンタルヘルス業務全般に従事。
田上 明日香(たのうえ あすか)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 臨床心理士、認定行動療法士、2級キャリア・コンサルティング技能士、博士(人間科学)、早稲田大学非常勤講師
  • 大手国内企業での勤務(営業、キャリアカウンセリング業務)を経て、臨床心理士として精神科・心療内科の病院、うつ病専門の職場復帰支援施設(医療機関)に勤務しながら、個人および集団形態での心理療法(認知行動療法)や、集団認知行動療法プログラムの企画立案と作成および運用を担当。また、うつ病による休職者の職場復帰支援についての研究にも従事。専門は認知行動療法。
金銅 弘枝(こんどう ひろえ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 臨床心理士、産業カウンセラー、REBT心理士、精神保健福祉士
  • 一般企業勤務を経て、約10年社内メンタルヘルス、心理相談業務活動等に従事。主に、就業中の社会人を対象とした心理学研修、グループワーク、カウンセリングを担当。専門は、認知行動療法。
金子 典枝(かねこ のりえ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 看護師、保健師、第一種衛生管理者、心理相談員、産業カウンセラー
  • 北里大学病院病棟勤務後、大手製鉄メーカーの健康管理室に産業保健師として入社。メンタルヘルス分野の担当者として、社内診療所の精神科診療・産業医面談の補助、社員・上司からの相談対応、職場復帰後のフォロー面談等に従事。人事部門や職場、主治医との連携・調整役として、約14年の実績を有している。また、メンタルヘルスのラインケア研修の企画・実践(講師)、メンタルヘルス体制構築も含め、産業保健に求められるメンタルヘルス対応に網羅的に従事してきた。
  • さらに、産業保健職として勤務しながら、筑波大学大学院の教育研究科カウンセリングコース(2年)を修了している。
佐藤 祐子(さとう ゆうこ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 看護師、心理相談員、第一種衛生管理者
  • 大阪府内大学病院の神経科精神科病棟にて、看護師として8年間の臨床経験を経た後、外資系IT企業、大手監査法人にて産業保健スタッフとして勤務。メンタルヘルス不調者の相談対応、休業者の職場復帰支援とともに、睡眠衛生セミナーの企画立案実施といった予防業務にも従事。
木之下 みやま(きのした みやま)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 精神保健福祉士、産業カウンセラー
  • 大手金融企業での勤務後、心理職として精神科・心療内科の病院に勤務。その後、自治体や民間企業にて産業保健スタッフとして、人事・職場・不調者本人・主治医との連携・調整役を担う。また、産業保健体制の構築支援、セルフ・ラインケア研修の企画・実践(講師)、復職支援のための集団認知行動療法プログラムの企画立案・運営等にも従事してきた。
吉良 ゆみ子(きら ゆみこ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 看護師、心理相談員、第一種衛生管理者、シニア産業カウンセラー
  • 総合病院での病棟勤務、大手企業の診療外来勤務後、大手メーカーの健康管理センターに産業保健スタッフとして勤務。社内精神科・内科診療の補助・産業医面談の補助、社員・上司からの相談対応、職場復帰後のフォロー面談等に従事。人事部門や職場、主治医との連携・調整役として、約15年の実績を有している。また、メンタルヘルス研修の企画・実践(講師)、メンタルヘルス対応の体制構築も含め、産業保健に求められるメンタルヘルス対応全般に従事してきた
岩坪 瞳(いわつぼ ひとみ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 精神保健福祉士・産業カウンセラー・心理相談員
  • 精神保健福祉士として、精神科病院および診療所に計9年勤務。その間、企業内カウンセラーとして、メンタル不調者面談、休職者面談、職場復帰支援業務に従事。また、市教育委員会に属し、教職員のメンタルヘルス支援、不登校や被虐待、発達課題などで支援が必要な児童生徒や保護者に対する面接相談、電話相談、家族支援に従事した経験も持つ。
佐藤 尚美(さとう なおみ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 看護師、衛生管理者
  • 総合病院での病棟勤務と診療所勤務ののち、不動産会社人事部にて産業保健体制全般の構築、健康管理及び労務管理に4年間従事。その後職場復帰支援を強みとする医療系EAPにて6年間従事。様々な企業への職場復帰支援、不調者対応を経験。
小林 克史(こばやし かつし)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 臨床心理士
  • 児童相談所の一時保護所、自殺防止のための電話相談勤務ののち、精神科・心療内科併設型の医療系EAPに4年間従事。勤労者や家族へのカウンセリングや、企業のメンタルヘルス体制構築に携わる。また、公的機関における学生・求職者への心理相談を行うなど、幅広い年代層への支援を経験。
橘 奈緒美(たちばな なおみ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 臨床心理士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント
  • 精神科クリニックでのカウンセリング、自治体における児童および保護者に対する養護相談、虐待対応等を経験。その後大手製造メーカー、大手食品メーカーで産業保健スタッフとして、社員、上司の相談対応、復職支援、予防活動としての研修(セルフ・ラインケア)の企画・実施、各種フォロー等メンタルヘルス業務全般に計5年従事。
石丸 千賀子(いしまる ちかこ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 看護師、保健師、精神保健福祉士、第一種衛生管理者
  • 大学病院に看護師として勤務後、自治体で保健師として、精神障害者のデイケアなどの社会復帰支援事業に7年間従事。その後、地方公営企業にて5年間、人事や産業医と連携しメンタル不調者対応や復職支援等幅広い実務に従事、メンタルヘルス体制の構築全般に携わってきた。
天野 由香子(あまの ゆかこ)

産業保健メンタルヘルス・コーディネーター

  • 精神保健福祉士、社会福祉士、介護支援専門員
  • 精神科病院にソーシャルワーカーとして7年半勤務。その後医療コンサルティング会社にて健診医療機関における渉外や特定保健指導の全国プロジェクトの体制構築・運用に従事。また、EAP事業所にてコンサルタント兼カウンセラーとして5年勤務。延べ数十社のクライアントを担当し、人事・管理職へのコンサルテーション、メンタルヘルス不調者への職場復帰支援、研修講師等、幅広い業務を経験。

PageTop