STRESS CHECK ストレスチェック

ホーム > ストレスチェック

ストレスチェック制度の概要(施行日2015年12月1日)

労働安全衛生法の改正により2015年12月より、ストレスチェックの実施とその結果に基づく医師による面接指導の実施が事業者に義務付けられます。
※50人未満の事業場は当分の間努力義務

仕事や職場環境に強い不安や悩み、ストレスを感じている労働者は年々増加し、仕事による強いストレスを原因として精神障害を発症し、労災認定を受ける労働者も増加しており、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止することは企業経営において重要な課題の一つとなっています。
こうした背景を踏まえ、2014年6月25日に公布された「労働安全衛生法の一部を改正する法律」によりストレスチェック制度が新たに創設されました。

本制度の目的
  • 一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止)
  • 労働者自身のストレスへの気づきを促す
  • ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる

目的

弊社はストレスチェック制度において厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査票」を活用したメンタルヘルス対策支援サービス「LLax seed」をはじめとした、産業保健体制支援のサービスをご提供しており、様々な業種のお客さまに対して数多くの問題解決の事例を持っています。

この実績とノウハウを踏まえて、従業員の健康の保持増進のため、各事業者さまが適切にストレスチェック制度を運営し、効果的に施策を推進することができるようサポートさせていただきます。

ストレスチェック制度の流れ

弊社対応サービス

実施前 ストレスチェック
  • 厚生労働省推奨の「職業性ストレス簡易調査票」によるストレスチェックシステムです。
  • 職場の環境に応じWEBまたはマークシートによる実施が可能です。
  • 衛生委員会での審議などストレスチェックの導入準備に関わる諸準備をサポートします。
外部相談窓口
  • 専門資格者が対応するプライバシーが確保された外部相談窓口をご提供します。
    • 心の健康相談(電話相談)
    • カウンセリングサービス(電話・対面・WEB) → LLax counseling
集団分析
  • 個人結果を部署ごとに集計し、組織全体のストレス構造を分析します。
  • 弊社のコンサルタントが集計結果を踏まえ、どのような要因がストレスに影響を与えているのか、どの職場を優先的に介入していくべきかなどについてご報告いたします。
職場環境改善
  • 集団分析の結果等をもとに職場環境の改善をサポートします。
  • ストレスチェックと併せて1次予防を効果的に推進するための各種メニューを取り揃えています。
    • 各種研修
    • 職場環境改善ワークショップ
    • 管理職コンサルテーション 等
医師による面接指導
  • 高ストレス者に対する医師面接指導に関して体制整備をサポートします。
  • 事業場の状況に応じた医師面接の体制整備に関するご提案が可能です。
    • 産業医の体制整備に関するご提案
    • 弊社相談室での提携医師による面接のご提案
    • 弊社提携医療機関での面接のご提案
医師面接後の継続フォロー
  • 弊社の医療専門職(医師、保健師、臨床心理士、精神保健福祉士等)が事業場を定期的に訪問し、メンタルヘルス対策を総合的に支援します。
    LLax standard
  • 弊社の医療専門職が、人事労務部門、上司、産業医、主治医と連携を図りながら、メンタルヘルス不調者の個別支援を行います。
    • メンタルヘルス不調者の個別支援 (面接、メール・電話によるフォロー)
    • 人事労務ご担当者への専門的アドバイス 等

より効果的なメンタルヘルス対策を進めませんか?

従業員の健康の保持増進と安全衛生に近道や抜け道はありません。

全ての従業員にとって働きやすく、いきいきとした職場環境を作り、個人と組織の生産性向上を目指す健康経営は、経営者、人事部門、産業保健スタッフのみなさまが力を合わせて実現していくものと考えています。
多くの解決事例を持つ弊社だからこそ、みなさまのお悩みを支援できます。

ストレスチェック制度に関すること、メンタルヘルス対策、従業員のヘルスケアに関すること、弊社のコンサルタントがみなさまの疑問やお悩みにお答えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。

お問い合わせ先:コンサルティング部 03-3262-3051
お問い合わせフォーム

2015年12月1日から施行されます「ストレスチェック制度」に関する厚生労働省令等の詳細はこちらです

PageTop